お問い合わせはこちらまで

エスペレ歯科

初診専用:050-7534-5352

再診・その他:048-464-8333

ホープデンタルクリニック

初診専用:050-7302-4810

再診・その他:048-462-4183

Web診療予約・お問合せ

Web予約・お問合せ

歯を失った方へ|朝霞市の歯医者ならエスペレ歯科・ホープデンタルクリニック

エスペレ歯科・ホープデンタルクリニック

文字の大きさ

エスペレ歯科:048-464-8333・ホープデンタルクリニック:048-462-4183

歯を失った方へ

インプラント

「第二の永久歯」といわれるいインプラントは顎の骨に直接「人工歯根」埋め込みます。

入れ歯では取り外しの煩わしさや固い物が食べにくいなどの問題点がありますが、インプラントではこれらも問題も解消されます。
また、ブリッジと呼ばれる連結のかぶせ物は土台となる歯に大きな負担がかかります。
また、ブリッジは構造上、土台となる歯が健康でも削らなくてはいけません。
インプラントは失ってしまった歯の隣の健康な歯を削ることは必要ありません。

治療法の比較

インプラント

内容 骨にチタンの土台をうめこみ、自分の歯のような人工の歯を作ります。
長所
  • 隣の歯を削らない
  • 自分の歯のような感覚
  • 見た目も良い
  • 適応範囲が広い
短所
  • 手術が必要
  • 口や顎の状態により適応できないこともある
  • 完成まで時間がかかる
  • インプラントを維持するために十分なブラッシングや定期検査が必要
  • 保険外なので費用がかかる

ブリッジ

内容 抜けた歯の両側の歯を削り、そこに人工の歯を橋をかけるように作ります。
長所
  • 固定式で違和感が少ない
  • かむ力がほとんど変わらない
  • 材料を選択すれば見た目も良い
短所
  • 両隣の歯を削らなければならない
  • 両隣の歯に負担をかけるので、歯の寿命が短くなる
  • 完成まで時間がかかる
  • 人工歯の下に汚れがたまりやすく、むし歯になりやすい

入れ歯

内容 部分入れ歯と総入れ歯があります。歯ぐきと歯を支えにして、歯ぐきには床、歯には金属のバネをつけます。
長所
  • ブリッジが適応できないような大きな欠損に有効
  • 両隣の歯を削らなくて済む
短所
  • どんなにうまく作っても自分の歯に20~30%の力
  • 異物感を感じたり、しゃべりにくい人もいる
  • 入れ歯を支えるバネが見えることがある
  • バネのかかる歯がむし歯になりやすい

安全・安心なインプラント治療をサポートするために ~ノーベルガイド・コンセプト~

ノーベルガイドとは

CT撮影データとシュミレーション ソフトウェアを組み合わせて、治療計画をサポートするコンセプトです。
手術の前に骨の形態や質、神経の位置等を把握し、安全・安心な治療をサポートします。
また、計画通りにインプラントを埋め込むために、患者様ごとにサージカル・テンプレート(手術用補助器具)を作製して使用する場合もあります。

ノーベルガイドの利点

ノーベルガイドを利用した治療の流れ

1.CT撮影

CTとはX線を利用して体内の断面図を撮影する技術で、立体的に神経、血管、骨などの様子を把握することができます。

骨の形や質、高さや幅には個人差があります。また、骨の中には神経や太い血管が通っています。

2.コンピューター上で治療を計画

歯科医師はCT撮影データから得られた情報をもとに、神経や太い血管を避けながらインプラントの埋め込み位置を計画します。

埋め込むインプラントのサイズや、角度、深さ等をソフトウェアでシュミレーションします。

3.治療方法・費用のご説明

歯科医師が、画像をご覧に入れながら治療の計画内容や費用の詳しい説明をします。

4.インプラント手術

治療計画に基づいてインプラントを埋め込むために、サージカル・テンプレートをお口に取り付けます。そして、インプラントを埋め込みます。

インプラントを埋め込んだ日に仮歯をつけて帰宅できる場合もあります。

5.最終的な歯の取り付け

インプラントと骨が結合している良好な状態を確認した後、最終的な歯を取り付けます。

インプラント治療の流れ

  1. インプラントを埋め込み、固定されるまで待ちます。
  2. しっかり固定されたら上部構造を装着します。

インプラント治療の注意点

  1. インプラントには手術が必要です。
  2. 治療にはある程度の期間がかかります。
  3. お口の状態によって手術不可能な場合があります。
  4. インプラント治療には健康保険が利用できません。
  5. インプラントの治療費は医療費控除の対象となります。

入れ歯との3つの違い

1. 取り外し不要でお手入れ簡単 違和感がない

インプラントは入れ歯のような異物感はまったくありません。
取り外す必要も一切無く自分の歯と同じように使えるので、インプラントであることを忘れてしまうくらい自然です。

2. 自然の歯と変わらない噛み心地

入れ歯は、痛みを感じやすい歯茎が直接その力を支えているために、自然の歯の20%~30%程度しか噛めません。
直接骨に固定するインプラントなら、自然の歯と同様にしっかり噛むことが出来ます。

3. 健康な歯に負担をかけない!周りの歯にやさしい

部分入れ歯は、しっかりと固定するため、健康な歯にバネをかけて使用しなくてはなりません。
そのため、健康な歯に負担がかかってしまったりバネにプラークがたまりやすいなどの欠点があります。
その点、インプラントは骨にしっかりと固定されるため、周りの歯に影響を与えることはほとんどありません。

当院で使用するインプラント

AQBインプラント

インプラント表面にHA(ヒドロキシアパタイト)コーティングが施されていて、骨への定着が早いことが特徴です。

ノーベルバイオケア リプレイス

世界で最も人気のあるインプラントです。パーツのオプションも豊富で、審美的に優れていると思います。

入れ歯の違い

入れ歯の床に使用する素材

金属床

入れ歯の床にコバルトクロムやチタンなどを利用したもの。
精度が高く、厚みも薄く作ることができます。

プラスティック床

健康保険が利用できます。強度を保つため、厚く作る必要があります。
変形しやすく、割れてしまうこともあります。

入れ歯を金属床で製作する際の注意事項

  1. 入れ歯の製作にはある程度の期間がかかります。
  2. 金属床入れ歯には健康保険が利用できません。
  3. 金属床入れ歯は医療費控除の対象となります。

金属床の入れ歯 プラスティック床との3つの違い

1. 金属床なら薄くて丈夫!!違和感が少ない

プラスチック床の入れ歯は、強度を保つために厚く製作する必要があります。
これが大きな違和感の原因に。金属床なら、薄くて丈夫な入れ歯が作れます。違和感も最小限にする事が可能です。

2. カチっとした噛み心地 しっかり噛める!

プラスチック床は強く噛むとたわんでしまいます。
さらに、長期間の使用により少しずつ変形し、徐々に噛めなくなってきます。
金属床なら、たわみや変形なども少ないので、しっかりと安定した噛み心地になります。

3. 熱さ・冷たさをしっかり感じる、熱(温度)が伝わる

上顎を覆う入れ歯の場合、プラスチック床では温かいものや冷たいものを食べたり飲んだりしても熱(温度)を感じにくくなります。
たとえば、温かいお茶を飲んでも、上顎はお茶の温かさをあまり感じる事ができません。
その点、金属床は熱(温度)の伝導性にも優れているので、食べ物や飲み物の温かさや冷たさをしっかり感じる事ができます。